【三線:プチ塗装+朝輪:50㌔】2020/07/27

 何だか、せっかくの4連休も雨に流されてしまった感じです。
今朝は、久し振りに雨が降っていなかったからか、境川も人が多かったですな。
 三線もバインディングの失敗がなければ、今頃ルンルン気分で塗装していた頃なんでしょうが、注文しているバインディングが届くまではできることが限られてしまいます。
 と、言うわけで痺れを切らしてネックを塗装してしまいました。
本当はもう少し濃い色になると思ったんだけど・・・治そうかしら。
 写真;三線の右にある曲がった棒は、三線スタンドを作ろうとして曲げている最中に折れてしまった棒です。
 3本折って断念しました。作戦を考えねば・・・

【三線:バインディングの練習とプールと千疋屋】2020/07/25

 昨日失敗したので、今日は早起きしてバインディング巻の練習です。
 バインディングは束ねずにバラバラの状態のままコーナーを攻めつつ巻いていくんですね。
端材で、何度も練習したのでもう大丈夫です。
 することも無いので今日は先走ってネックに砥の粉を塗ってみました。なるほど、スベスベになるんですね。
 折角なので三線のスタンドでも作ろうかと思ったのですが、生憎ドリルが壊れて修理中なので断念。
 夕方から、結局またプールに行って泳いできました。
 写真は娘からのプレゼントです。グレープフルーツ、ナシ、マンゴー、桃、ネーブル。
 マンゴーの味って忘れてましたけど、美味しいですね。
 明日は晴れるかな?

【三線:バインディング失敗の巻+プチ江ノ島】2020/07/24

 本当は、千葉に行く予定だったんだけど、会社がまたしてもコロナによる出勤制限を敷いてきたこともあるので自粛して江ノ島;チョイ手前まで。
 それじゃぁ、と三線のバインディングでも巻きましょうと・・・
バインディングは、既に「大和マーク」さんから到着。
 ずっと気になっていたのが、接着剤。調べると、アセトンが主成分らしい。
 昔買った「ペットエース」と言うヤツがあったので試してみると、なるほど、くっつくが匂いがきつい。
 そこへもってきて貼り方間違えてしまったので、ドロドロになってアウツ。
 白は余りがあったので良いのだが、黒は無くなってしまったので、再度「大和マーク」さんへ発注。
 今度は「塩化メチレン」で挑戦。こちらのほうが使いやすそうです。
 コレ↓は6㍉のバインディングを半分の3ミリにするやつ。
定規で挟んで、3ミリの細材をあてがってローラーカッターで切ります。
 という訳で、バインディングが来るまで休戦。
 今日は、雨に降られてしまった。


【三線:久し振りに泳いできました】2020/07/23

 プールが解禁になったので2時間ばかり泳いできました。
いやぁ〜つまらんですな。
 さて、皆が気にしてる「バインディング」が届きました。
「何だこれ?」って声が聞こえてきそうです。
 黒白黒の順で0.5ミリを3枚貼り合わせます。
 話は変わって、サドルの取り付けです↓。
3本飛び出てる針金は、塗装で埋ってしまわないための印で、弦が通る穴です。
 今日はご馳走です。
色々と、戦利品が集まりました。
 早くも連休を一つ使ってしまいました。

【ランニングにダウン気味】2020/07/21

 7月に入って雨続きで走れていません。今月やっと100㌔。
 日曜日は夕方からハーフランでヨレヨレ。2~3キロ歩いたかしら?
グッタリです。夕食後ノックダウン状態

 雨と汗にまみれたのでシューズを洗ってみたら購入日付が書いてありました。2018.12.1未だ2年履いてなかったのね。
 ガーミンの記録によると約3500㌔。
穴空いてますが2年は履きますよぉ!
 乾燥重量:57.6㌔、体脂肪率:11.1%
「三線」は面白い絵が撮れないので、しばしお待ちを!
 最近、「乾燥重量」を使う人を見かけます。

【三線:指板の気が変わらないうちに】2020/07/18

 指板はザックリと切り出して貼り付けです。
 やはり、曲げが上手く行かず、放っておくと徐々に伸びてしまうようです。
 そこで、指板の気が変わらないうちにボンドで磔にしてしまおうという作戦です。
 ネックに固定したほうが、切り出しが良さそうだし。
 イケイケでボンド塗ってクランプ総動員で磔です。
途中で、チューブで巻けばよかったなぁと思いましたが、after festival(後の祭り)です。
 コレ↓は木工ユーザー必携の「タジマサンダー」です。
切れが悪くなってきたので、ヤスリ部分を交換します。
 そして、木工ユーザーお決まりのギャグが・・
「タジマサンダーの社長はタジマさんだぁ!」
 あれよあれよという間に、指板が整いつつあります。
 決して近くでみてはいけません。
 さて、デカールですが、文字では面白くないので、Gekkoを埋め込もうと作成中です。
 雨が止んだので、木工は中断してランニング:12㌔
涼しくて走りやすいですね。
 では・・・『プシュッ!』

【三線:バインディングの準備と指板曲げ】2020/07/17

 さて、バインディングです。
これも強敵:始めての挑戦です。
 トリマーがないので彫刻刀でポレポレ行きます。平刀を3丁、研いで臨みます。
 取り敢えず1周しました。全体の調整をしてから、サイズに合ったバインディングをネットで買います。
 さて、指板の曲げも取り敢えず良しとしましょう。
 アイロンの温度が低いのと、治具に載せたとき温度が一気に下がっちゃうんですかね。
 要検討ですな。

【三線;真珠貝のヒールエンドとTake3】2020/07/17

 ヒールエンドはアクリルの予定でしたが、少し奮発して真珠貝で作ります。
 その前にヒールエンドとボディの隙間に金太郎飴を詰め込みます。
 真珠貝の殻からヒールエンドの形を糸鋸ミシンで切り出します。
真珠貝の殻は厚さ4ミリぐらいあるので割れません。
 切出したヤツをサンドペーパーで平らにしてから耐水ペーパーで磨いてエポキシ系で貼り付けます。
写真変です:仕上げ前ですが実物はもうチョイ良いです。
 さて、難関の指板曲げですが、未だ曲げが足らず、3回目。
もう一度治具を修正してアイロンで熱してやり直しです。
 考えるに、色々と問題点があるような気がします。
 奸婦にあらずを読みました

【三線:曲がれ木!】2020/07/15

 前回、水で濡らしただけの木を曲げて丸一日置いてみましたが、ダメですね。タガを緩めた瞬間戻ってしまいました。
 ネットの情報を見ると、「水で濡らして、アルミ箔で包んで、熱を加える」と言うことですね。やってみましょ。
 木を暫く水に漬けてから水で濡らしたペーパータオルとアルミ箔で巻きます。
 スキーのワックスを塗るアイロンを使ってアツアツになるまで温めてから型に入れて冷まします。
 だいぶいい感じだったのですが、少し曲がりが甘かったです。
例えば15Rにしたい場合13R位にしてやり直しです。
 と、言うことで治具を改造して、GSからSLにする感じです。
後は明日のお楽しみです。
 今日は朝:10㌔のラン。
ここのところ雨ばかりで距離が伸びません。

【三線:側板曲げの準備です】2020/07/12

 サドルを作りました。
 採用されたのは左のヤツです。
 紆余曲折あって、3つ作りましたが左のヤツが採用されました。
 ここに穴を3つ空けて、弦を通してガットギターみたいに縛ります。
面積が小さいので弦に引っ張られてはがれてしまうかもしれません。
その時考えましょう。
 トリマー、ドレメルの類を持っていないアタシはカッターと彫刻刀で乗り切ってきましたが、ここへきて彫刻刀の切れがすこぶる悪くなってきました。
 そういえば、昔、彫刻刀用の砥石を買ったなぁ・・・と探してみるとあるじゃぁないですか!
 大して期待しないまでも研いでみると、これが満更捨てもんじゃないです。彫刻刀復活です。(↓写真の右側の白いヤツです)
 さて、写真↓は、今日一日掛けて拵えたベンディング治具です。
このアーチはヘッドのアーチと(多分)同じで、コレに合わせて板を曲げればヘッドのアーチとピッタリ合うことになっています。
 ホントは、板を熱っした状態でここに挟み込むのですが、コレはタダ水で濡らして少しボンドを垂らしただけで、練習です。
 夕方からラン:5㌔
ビール用ですね