【海の声♪】2020/09/02

「海の声♪」を練習しています。
 三線の楽譜は「工工四:クンクンシー」と言います。
ギターにはTAB譜というのがあって、「〇弦の◇フレットを押さえなさいよ」という風に書きます。
三線は、漢字1文字で表します。
一番太い男弦:3弦の解放が「ド」で、これを「合:アイ」と言います(開放弦のことを「カラパンチ」と言うんだそうです)。
そこから1音上がった(3弦の1フレット)所が「レ」で「乙:オツ」と言います。
こうしてドレミファソラシドにそれぞれ漢字で名前がついていて、1弦の解放が高い「ド」になります。
面白いのは高い「ド」(アタシが以前住んでた、高井戸じゃないです)は、「高い合」じゃなくて「工」と言います。
 TAB譜だったら「3弦の0フレット」とか、「1弦の0フレット」と表現しますが、三線の場合は「合」、「工」と言えばそれで済んでしまいます。
 なんだか、効率がいい気がします。
 未だ流石に全部は覚えられませんが、1オクタープ半位覚えると、かなりの曲が弾けるそうです。
 「海の声」を早速、工工四で覚えながら練習してみますが、これが思いのほかスラスラ入ってきます。
楽しいです。
 ただ、アタシの施工が良くないのでしょうが、チンダミ:チューニングが安定しません。すぐに音が狂ってしまうし、なかなかチューニングが合いません。
 音合わせでイライラしながら弾いていると、良くない癖がでてきて早くも次の三線:1号機が作りたくなってきました。
(因みに現在の記念すべき三線は0号機です)
 1号機は・・・スチール弦を使い、カラクイもペグの様にしっかりしたものにしたいです。
もちろん、ピアゾを入れてアンプからも音が出るようにします。
 ウマも使わずにサドルで弦を固定して、ナットとブリッジにしたいです。
 あrサドルの下についているのは輪行バッグです。
やはり、サドルの下には何もつけないほうがかっこいいですね。
 今日はチェーンを洗ってチェーンオイルをくれて試運転。
絶好調です!?
ジャーニー・ボーイを読みました

コメント

_ 優太郎左衛門 ― 2020/09/02 15:09

 さて、いよいよ週末は渋峠アタックです。
大宮まで輪行しますが、早い電車にのるため町田まで自走します。
荷物はいつもの小さいリュックの他に着替えなどを持つため一回り大きめのリュックに小さいリュックも入れてしまいます。
●持ち物
・Tシャツ
・パンツ
・普通のタオル
・髭剃り
・日焼け止め
・チューブラーテープ(念のため)
・眼鏡
・輪行バッグ
・サンダル(履いてく)
●決戦用装備
 ・自転車用シューズ
 ・ボトル
 ・iPhoneとGarmin
 ・タイツとジャージーと短パン
 ・グローブ
 ●小さいリュック
  ・チューブラータイヤ(2本)
  ・タイヤレバー(1本)
  ・パンク防止剤
  ・ヤッケ
  ・カメラ+レンズ
  ・カード類
  ・マスク
  ・工具+ニップル回し
  ・結束バンド
  ・羊羹
  ・バッテリーと充電ケーブル
  ・小さいタオル
  ・金
----------------------
歯ブラシや浴衣、バスタオルなんかは宿にあるでしょうから持ちません。
極力荷物を減らすコツは出発ギリギリまで荷造りをしないことです。
早めに荷造りをすると、出発までにあれもこれもと荷物が増えてしまいます。
 本来であればこういうリストもギリギリまで作らない方が良いです。持っていくか迷っているものは、後から調達できるのであれば持って行かない方がよいです。

_ 猫のしっぽ ― 2020/09/04 05:52

渋峠、楽しんで来てください。
いってらっしゃ〜い!

_ 優太郎左衛門 ― 2020/09/04 08:41

 舐めてたわけじゃないんですが、地図を見てなかったんですね。
先日、宿の場所を確認しようと思って軽い気持ちで地図を見たら・・・見なきゃよかった^_^;

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yutarozaemon.asablo.jp/blog/2020/09/02/9291495/tb