【三線:続サウンドホールの作成です】2020/06/28

 サウンドホール周りのパーフリングとか貝の貼り付けにはABS用のボンドを使います。理由はこのボンド余ってて出番がなさそうだからです。
 貝はこんな感じで結構大きいです。
石垣島で買ったサンゴの貝
 こいつを1㎜くらいの厚さまで削るのですが、小さくすると掴みどころが無くなってしまうので、ある程度大きな状態のまま薄くします。
 ここまでは糸鋸で切り出せますが、これで厚さが4㎜位あります。
こいつをヤスリで1㎜まで削るのはアタシの性格では不可能なので、重機を使います。
タラの切り身じゃなくて
 バイスに挟んでガンガン行きますが、髪の毛を燃やした時みたいな嫌な匂いがします。
 薄くなったら、糸鋸で調整しながら埋め込んでいきます。
 板に切り込みを入れたまな板を作ります。
まな板をテーブルに固定して、手で曳きます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://yutarozaemon.asablo.jp/blog/2020/06/25/9261440/tb