【SAJバッジテスト】2020/02/14

 さて、週末はいよいよ、SAJ:1級のバッチテストね。
 最後の一人になってしまったスキー仲間のK名人は「合格は間違いないでしょう」と言ってくれてはいる物の、日が近づくにつれ不安は募る一方です。
 2年前に2級のテストを受けたとき、実は2級合格者の中で、アタシの得点は最低でした。
 隣で1級の検定を受けている人たちの滑りを観ても、「アタシの方が上手いじゃないの」って思ってましたが、専門家の視点は違うようです。
 2級の検定が終わった後の「ワンポイントレッスン」でアタシに対するコメントは決して技術的なモノではなく・・・
「あなた、スキー習ったことありますか?滑りはスピードもリズムも安定感もあるけど、我々が求めているものではない!」とか。
 確かに、習ったことなんかないですが、「あー、嫌われているなぁ」という印象です。
 毎シーズン、足しげくスクールに通って投資してくれるスキーヤー(養殖モノ)が彼らにとって、いいお客様なんじゃないの?漏れ聞こえる話を聞くと、生徒もコーチも顔見知りでナァナァって人も居るようです。
 これに対してアタシみたいにスクールなんて何十年も受けたことなくて、1シーズンに1度しか来ないで、1級受かろうっていうスキーヤー(天然モノ)は嫌われるかもねって、脛男気味・・・
 と、いうわけじゃないけど、今回は検定の前に1日「目指せ1級コース」というクラスに申し込んだわけです。
 自分なりに納得のした滑りをした結果「不合格」なんて言われたら、それはアタシの半世紀のスキーを否定されたことになります。そうなると、もう何をやっても駄目でしょう。還暦を前にして今更、自分の滑りを変える気なんて毛頭ありませんし。
 自分で「良し!」と、思っている滑りを変えて、皆と同じ滑りに矯正されるなんて、真っ平御免です。
 ただ、この新しいSalomon、なんか思うように行かない。雪面掴んで離さない感じー。
紙ヤスリで、外側を落としてみたけど、どうだろな・・・ATOMICで滑ろうかって、まだ迷ってる。
さぁ、どうする?!
つぶやき岩の秘密富士に死す卍屋龍次 無明斬りを読みました。