【待ってろ若潮!】2020/01/17

 昨年末に開催された、夷隅健康マラソンは、股関節の故障で8.5キロ地点でリタイヤしてしまいました。
翌日医者に行き、レントゲンを撮った結果骨に異常は無かったものの、1か月間ランニングを辞めて、今年に入ってから練習を再開しました。
少しずつ走る距離を伸ばして、一昨日は16キロ走りましたが、問題ありません。
週末にハーフマラソンぐらいまで距離を伸ばして問題なければ若潮マラソンを走り、それで問題が無ければ宮古島を走ります。
ここで、ちゃんと走れないようであれば、宮古島は無しです。
 宮古島のエントリー料金:45000円は今月中に振り込む必要がありますので、1月26日の若潮マラソンがキーとなるわけです。
 何と言っても、「宮古島トライアスロン」はアタシにとって今年最大のイベントですから。
女子のバイク
(↑この人たちはプロね!)

 話を巻き戻して、2月16日のスキーのバッジテストですが、この支払が1月20日だったのです。
昨日払い込みましたよ;17300円
これ以外に宿泊:8900円、合格すると:7000円。更にリフト代と交通費、食費+飲み代と、妻には申し訳ない出費です。

 とは言え、先ずは若潮マラソンが今のところ最大の目標で、それ以前に日曜日に予定しているハーフのテストランがそれ以前の最大の目標です。
 16キロ走っているので問題ないとおもいますが、この時もキロ5分を切らない様に6分を超えても気にしない様にゆっくりと走っています。
極力脚に負担を掛けない様にユックリと行きます。
攻めない様に、攻めない様に・・・
 そして、夏が来るとついに「還暦」を迎えるわけです。
還暦を迎えるころには脚も万全でしょうから、翌年以降、「還暦サブスリー」狙いに臨みますよぉ!

【チバニアン】2020/01/17

 なんでも、「チバニアン」に決まったとかで、凄いことらしいと、Yahooニュースに出ていた。
写真に地層の絵が出ていたので、何も解らないまま、この地層から未知の古代人の骨でも見つかって、「千葉」からでたから「チバニアン」かぁ?
って思った。
「クロマニヨン」とか、「北京原人」とかあるけど、どうせなら「チーバッカ」とかがいいじゃんと思ったけど「地層」じゃねぇ。